Uncategorized

ギャンブルを嗜む有名アーティスト一覧

多くの有名なアーティスト、ディレクター、ミュージシャンがエリートカジノの常連客となっている。何百万人ものオンラインプレイヤーと同様に、彼らもギャンブルを余暇に楽しんでいる。カジノゲームがリラックスして楽しめる最高の娯楽であることは疑う余地がない。どのような有名アーティストがギャンブルを嗜んでいるのか興味があれば、ぜひこの記事を読み進めてほしい。

ギャンブル好きで有名なアーティストトップ9

1. ベン・アフレック

ベン・アフレックはハリウッドの有名な俳優兼監督だが、彼はプロのギャンブラーでもある。ベンは2001年にブラックジャックで80万ドル、2004年のカリフォルニア・ポーカー選手権では35万6000ドルを獲得した。彼の対戦相手は、チャック・パチェコ、スタン・ゴールドステイン、トビー・マグワイアなどプロのギャンブラーだった。

2. トビー・マグワイア

トビー・マグワイアも有名なアーティストであり、カリフォルニア・ポーカー選手権でベン・アフレックに敗れた人気ギャンブラーだ。彼はテキサスホールデムやオマハなどの有名なカジノゲームをプレイしている。ハリウッドパークカジノトーナメントで優勝し、2011年には、ブラッド・ルーダーマンという人気投資家から30万ドルを手に入れた。

3. マット・デイモン

マット・デイモンはベン・アフレックの親友で、ベンよりもさらにギャンブルに情熱的だ。実際、映画の撮影が行われている最中、マットとエドワード・ノートンは伝説のジョニー・チャンが行ったギャンブル関連のトレーニングに参加していたのだ。マットはカジノに登場することが多く、大きく勝っているギャンブラーの1人だ。

4. ジェニファー・ティリー

ジェニファーは、セミプロのポーカープレイヤーとして知られる有名なハリウッド女優で、テレビ番組を見て趣味としてギャンブルを始めた。2005年のワールドポーカーシリーズで、彼女はゴールドブレスレットを獲得し、レディースのノーリミットテキサスホールデムで1位になっている。

5. チャールズ・バークレー

チャールズは有名なバスケットボール選手だが、ギャンブルをすることで有名なアーティストでもある。彼はラスベガスのギャンブル施設の常連客だ。ギャンブルにはあまり運がなかったが、それでも身を引くことなく続けている。

6. グラディス・ナイト

グラディス・ナイトはアメリカの歌手であり、またアトランティックシティやラスベガスで活躍する有名なギャンブラーでもある。彼女はブラックジャックで一夜にして6万ドルを勝ち取ったが、すぐに使ってしまう。また、彼女はバカラでも5万ドルを獲得している。

7. ブラッド・ピット

『オーシャンズ11』の撮影中、ブラッド・ピットはスロットやポーカーゲームをする機会があればいつも興じていた。その後、彼はプロのギャンブラーとなり、今もその情熱を追い続けている。

8. ジョージ・クルーニー

他にもギャンブルをする有名なアーティストとしては、ジョージ・クルーニーがいる。彼は自分のカジノを設立しようとしたこともあるくらいだ。彼はラス・ランブラスの設立に多額の投資をしたが、そのプロジェクトは完了していない。

9. ヒュー・ヘフナー

ヒュー・ヘフナーは既に亡くなっているが、今でもギャンブルの経験で知られている。彼のギャンブル経験は多様で、ラスベガスにプレイボーイクラブとファンタジータワーとして知られる自分のカジノを所有していた。1960年代にはロンドンでカジノのオーナーとなった。

以上、ギャンブルをしている有名なアーティストを紹介した。これらのアーティストがどのようにしてギャンブルを始めたのか、また、他のアーティストにギャンブルをするよう影響を与えたのかを発見するのは楽しいものだ。今日では、何百万人ものプレイヤーがオンラインでギャンブルをし、賭けを楽しんでおり、プロのプレイヤーとのトーナメントにも参加している。

有名人も楽しんでいるテーブルゲーム系のギャンブルをオンラインで楽しもう!やはりオススメは、ダントツの人気を誇るベラジョンカジノ!ベラジョンオンラインカジノで「VeraJohnテーブルゲーム」のラインナップをプレイしてみよう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *